​チャンパック プロフィール

1958年5月16日、京都市生まれ。
本名・飛世真人(とびせ まさひと)。

子供の頃は、実家近くの下鴨神社~糺の森、鞍馬山の自然を遊び場に育つ。
(…それにしても、毎年初詣に親に連れられて登る、鞍馬山の坂道はしんどかったなぁ~)


十代後半より原因不明で体調を壊したことから、自分自身、人生の目的について、それまでとは異なった視点で考え始める。
この頃から、東洋医学、自然療法、ヨガ、催眠療法、潜在意識の法則などに興味をもち、新しい可能性を探求する。

友人がくれた一冊の本がきっかけで、1980年、インドの瞑想家 和尚ラジニーシより名前をもらう。(フルネームは、スワミ・ ディアン・チャンパック。ディアンは瞑想、チャンパックは木蓮科の白い花の名前)

国内外のセラピー、ボディーワーク、瞑想などの体験を重ねながら、ニューエージ・ムーブメントにも関わるようになる。

1986年より直感カウンセラーであるペニー・ピアス女史の通訳などを担当。


1988年、現在タイ在住のカウンセラー、リチャード・ラビン氏と、彼のチャネリングするパーソナリティーである"エクトン”との出逢いから互いに親友となり、現在まで通訳を担当する。

「ワン・コマンド」を日本に紹介したことがきっかけとなり、2012年より、創始者であるアサラ・ラブジョイ女史の通訳を担当する。

1989年に友人からの依頼をきっかけに始めたエネルギーワークや、自身の体験をまとめた「ワークショップ」が好評となり、『チャンパックのワークショップ』の名称で、現在まで続けられている。

 「土・日 2日間のワークショップ」の他、依頼に応じて「1日ワーク」、「公開セッション」、講演会などを通して、様々な地域でエネルギーワークを伝えている。

また、国内外の研修会に参加するなど、現在も学び、経験を重ねている。

 書籍に「ECTON」、「ようこそ地球へーECTONⅡ」、「ECTON×SUGIZO」、「ECTON×銀色夏生」、「チャネリング体験記」、「自分探しの旅」、「ワン・コマンド」、「シータ・コマンド(ワン・コマンド)」などがある。

★チャンパックの声を聴いてみたいという方は、リチャード&エクトンのサイトにアクセスしてください。
チャンパックが通訳している時の声を聴くことができます。
       
                

champak-flower-3417799_1280_edited.jpg
  • Facebook
チャンパック(飛世真人)プロフィール