​エクトン&リチャード・ラビン

リチャード・ラビン氏(Richard Lavin)は、タイ在住のカウンセラーです。
出身はニューヨーク。

大学では心理学を専攻し、催眠療法、過去世回帰、心理療法、TM瞑想などの手法を幅広く学びました。
1982年、催眠療法の様々な可能性を探求している時に、非物質次元の個性である「エクトン(ECTON)」とコンタクトし始めます。
当時催眠療法を中心にカウンセリングしていた彼は、まず友人や知人を相手に実験的にエクトンをチャネリングし始めました。
その結果、エクトンのカウンセリングは深い愛と洞察力に富んだ質の高いものであり、多くの人々にとって、現実的、実践的にとても助けになることがわかってきました。

その頃から、知人の紹介や口コミなどでエクトンのチャネリングを求めてリチャードを訪ねる人が増え、エクトンをチャネリングする、というスタイルが彼のカウンセリングの中心になってゆきます。
そして、アメリカ、ヨーロッパでグループセミナーや個人カウンセリングなどを提供し活躍し始めます。
個人カウンセリングの予約が2年先までまで満員になる時期もあったそうです。
しかしその中で、いわゆる精神世界の良い面だけでなく、様々な矛盾にも接しながら、今一度自分自身を見つめ直し、心地良いペースでこの仕事を続けて行く可能性を見つけるために意識的に活動の規模を縮小することもありました。

僕がリチャードとエクトンのことをはじめて知ったのは85年頃だったと思います。
友人がアメリカ西海岸で行なわれたエクトンのグループセッションに参加して、その内容を録音したテープを貸してくれたんです。
そのテープを聴いていると、流れてくるエクトンの言葉と、言葉を越えて伝わってくる何かが、僕の心の深い部分に自然に浸透してくるように感じられました。新鮮であると同時に、なつかしいような不思議な感動を体験しました。
何回もテープを聴き返しました。
そして、具体的に何のアイデアもないけれど、「いつか、何かの形でリチャードとエクトンに会いたい……」と思ったんですね。
その後、そう思ったことを忘れていたんですが、人生の流れというか、縁というか、不思議なものですね。
88年にリチャードとエクトンが初めて日本の皆さんだけのためにハワイのマウイ島で行なうセミナーの通訳を、当時お世話になっていた方から依頼されたんです。
僕は驚いたけれど、ちゃんと訳せるかどうかもわからないのに喜んで引き受けました。
初めてリチャードに会った時、まるで兄弟のような感じがしました。
エクトンの通訳も想像以上に言葉が流れて、心地良く終えることができました。
これを機会にリチャードと親友になり、「来日が実現したら、僕は喜んでリチャードとエクトンの通訳をするから…」という話になったんです。

これ以降、リチャードは2014年まで二十数年間にわたって、春と秋の2回のペースで来日を続けました。
そして僕は自分のワークショップを続けながら、リチャードが来た時には、ごく一部の個人セッションを除いて、すべてのグループセミナー、個人セッションの通訳を担当させていただきました。

エクトンは、日本でもバシャールとならんで多くの方々に好評をいただき、親しまれる存在になっています。
通訳という形で関わりながら、とてもとても多くのことを僕は学ばせていただいています。

現在は、タイに居を構え、主にスカイプ(遠隔)によるエクトン個人カウンセリングセッション(チャネリング)を行っています。
もちろん、僕が通訳をさせていただきます。

僕たちはこれからも、求めてくださる方がいらっしゃる限り続けていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

〇チャネリング個人カウンセリング(スカイプ、または電話)

エクトンと1対1(通訳あり)で話していただきます。
時間は説明を含めて90分、エクトンと話していただく時間は1時間前後です。

まず、エクトンはその方のエネルギーを感じ取り、現在の状況、必要なこと、大切なテーマなどについて話し始めます。これが10分~15分位。(この段階で、知りたかったことのヒントや答えが質問する前に語られることがよくあります)

これに続いて、自由に質問していただきます。質問の種類は問いません。
仕事や人間関係、健康など、現実的なことから、精神面に関すること、未来の可能性など、ご自分にとって大切なことだと感じられることなら何でも結構です。
通常5種類程度の質問を扱うことが多いですが、長い時間をかけて大切なテーマにフォーカスする場合もあります。
エクトンはその方が自分自身で気づきを得て、質問の答えを見出せるように導きます。

話の内容はかなり密度の濃いものになるので、カウンセリングの内容はリチャードが録音して、後日ご自分の端末機器にダウンロードしていただきます。
繰り返し聞くことで新しい気づきが訪れたり、理解が深まることが多いようです。

また、カウンセリングの後にその方が様々な人生経験を経て、ある時点で初めて理解されるであろう言葉や概念を、まるでエクトンが未来を予知しているかのように、カウンセリングの会話に含めることもあります。
中には何年も過ぎてから久しぶりにセッションの録音を聴いて、当時エクトンの語ってくれたことが深く理解できた、と伝えてくださる方もおられます。

質問は、前もって準備しておいてもいいし、その時の流れに任せて尋ねたいことを質問してもいいでしょう。

〇「メールによる チャネリング個人カウンセリング」
ご質問をメールで送って頂き、通訳が読み上げ、エクトンからアドバイスを引き出すカウンセリングとなります。

遠隔カウンセリングのクオリティーは、直接お会いする場合と同じです。
エクトンには距離は関係ないようです。
 
◎お申込み・お問い合わせは下記までどうぞ!
カウンセリングのお申し込みは日本語で受け付けています。
エクトン(ECTON)のサイト
エクトン facebookコミュニティ「Ecton Portal」 
 
・セミナーの内容や、雑誌記事の取材などが音声で聴いていただけます。

★エクトン書籍:
​「ECTON」(ヴォイス刊)絶版
「ようこそ地球へ-ECTON2」(ヴォイス刊)絶版
「ECTON×SUGIZO」(ヴォイス刊)
「ECTON×銀色夏生」(ヴォイス刊)
「チャネリング体験記1」(朝日ソノラマ刊)絶版
 
※アマゾンで取り扱っていますこちら
​​★エクトン&リチャードDVD
チャネ・トレ ~チャネリングトレーニング・ショートコースDVD
こちら
 
エクトン リチャード・ラビン氏